日本行動計量学会研究部会研究グループ 2021年度〜2022年度

研究計画
行動科学や自然科学などの広範な分野においてさまざま非対称関係データが観測される。さらに、近年では多次元多相データや疎なデータとしての観測などによりデータは多様となり、一層その分析から得られる知見が重要となってきている。例えば、マーケティングで扱うデータには、ブランドスイッチデータ、アクセスログデータ、Webコミュニケーション・データなど2つの対象間の関係性を表す近接性データが非対称である場合が多い。
 これらの研究を通じて対称データの分析からでは得られない対象間の関係に関する知見が得られることが多くその研究分野のみならず他分野・複合分野での研究に貢献することが期待される。
 特に、データのデジタル収集が可能となり、得られるデータも対象間の関係×時間×場所(空間)として表現される多次元多相データや疎なデータのように多種多様となっている。また、対象間の非対称データのみではなく、それに関連したデータも同時に収集されるようになってきている。
そこで、実務での応用可能性を考慮しながら非対称データの分析に関して、
 ・非対称な多次元多相データや疎なデータおよび関連したデータの分析モデルの開発
 ・大容量のディジタルデータ(マーケティングなどの分野など)

の非対称データの分析を通じて、各分野での応用研究などへ貢献し、また、
 ・非対称データ分析推進のためのデータライブラリーの整備
などを通じて、従来の2者間の非対称関係データのみならず多次元多相データや疎なデータなデータでの複雑な非対称関係データを行動計量学の視座から分析し、得られる一層の知見をもとに、非対称関係データ分析の研究を推進する。

活動

第49回行動計量学会大会(杏林大学)での特別セッション 

日時8月31日(火)

 特別セッション 非対称多元データ

  • SB4-1 千野 直仁(愛知学院大学), An elementary theory of a dynamic weighted digraph (4) 
  • SB4-2 岡太 彬訓(立教大学)・今泉 忠(多摩大学),非対称多次元尺度構成法における非対称性の評価 -I- : How to evaluate asymmetry in asymmetric multidimensional scaling I
  • SB4-3 今泉 忠(多摩大学経営情報学部)・岡太 彬訓(立教大学),非対称多次元尺度構成法における非対称性の評価 -II- : How to evaluate asymmetry in asymmetric multidimensional scaling II
  • SB4-4 中山 厚穂(東京都立大学大学院経営学研究科), ユーザー生成コンテンツのトピックの解明と非対称性を考慮した分析

非対称データの分析のためのモデルや非対称性についての検討について発表がなされた。

 第49回行動計量学会大会(杏林大学)でのラウンドテーブルディスカッション

  • 日時9月1日(水) ラウンドテーブルディスカッション(60分)

「多様な非対称データのための分析モデルとその応用」

  • SB6-1 中山 厚穂(東京都立大学大学院経営学研究科) , マーケティングにおける非対称データ分析の適用可能性
  • SB6-2 千野 直仁(愛知学院大学), 化学反応系、電気回路網、ニューラルネットワークなどの 非対称データとそ れらの構造及び力動特性
  • SB6-3 初田 泰敏(大阪大谷大学薬学部), 抗菌薬の交叉耐性状況の可視化 非対称データ分析の臨床応用への第一歩 

3件の話題提供をもとに非対称データに関して新しい分野での応用可能性などについえて話し合われた。

研究メンバー