現在位置: ホーム / 連携大学 統計検定利用

統計検定2015を活用した質保証

  • 統計教育大学間連携ネットワーク(JINSE)では、文部科学省の大学間連携共同推進事業の補助を受けて,日本統計学会公式認定の「統計検定」を利用した統計教育の質評価を実施することとしています。そのため連携大学の学生に協力を求めています。
  • ネットワーク参加8大学(東京大学、大阪大学、総合研究大学院大学、青山学院大学(代表校)、多摩大学、 立教大学、早稲田大学、同志社大学)の学生がこの制度を利用して受験すると、試験結果について一般受験と同じ資格が認定されます。
  • この制度を利用して統計検定を受験する場合には受験料は発生しませんが、試験結果および試験にともなうアンケート調査は、統計教育に関する調査研究に限定して使用されます。すなわち、これらのデータは統計的分析のみに利用され、個人情報が特定されることはありません。また学生があらかじめ了解している場合を除いて、講義の担当教員に試験結果は提供されません。
  • 受験申込の際に入力された個人情報は、統計検定の実施運営、その他の統計検定に関する各種案内のみに使用されます。
  • 以上の条件に同意できない場合は、一般向けの統計検定を受験してください。
  • この制度を利用して受験する連携校の学生は,受験の条件などの詳細を各大学で確認の上で、このページを通じて受験登録を行って下さい。
  • 統計検定の過去の問題等は下記のURLから入手できます(「統計検定」で検索)。

統計検定URL:http://www.toukei-kentei.jp

 

実施要領

    受験日時:2015年11月29日(日)

    午前の部 午後の部
    2級 10:30-12:00 1級 13:30-15:30
    4級 10:30-11:30 3級 13:30-14:30
    専門統計調査士 10:30-12:00 統計調査士 13:30-14:30
    • 1級は大学専門教育科目,2級は大学共通教育科目のレベル相当です。
    • 午前と午後それぞれ一つずつ(最大二つ)受験することができます.
  • 受験票および資格認定結果通知:統計検定を実施する機関である統計検定センターから郵送されます。
  • 試験会場:受験が許可された学生は、所属大学の試験会場で受験して下さい。
  • 本人確認のため,各大学の担当教員及び事務部が学籍番号を確認しますので、受験時には、学生証を持参して下さい。
    « 2016 年 8月 »
    8月
    123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031