JINSE

JINSE at Tama

統計教育大学間連携ネットワーク(JINSE) at 多摩大学

JINESEネット

  • 多摩大学も参画したデータに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保証に関する情報を提供します。全体の情報はJINSE Web
  • 平成24年度大学改革推進等補助金(文部科学省大学改革推進事業)に、取組名称「データに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保証」として多摩大学も参画しました。
  • 連携の取組 統計教育大学間連携

  • 取組の概要

    文部科学省による平成24年度大学間連携共同教育推進事業で選定された「データに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保証」は、 今後の我が国におけるイノベーションを推進するために、新たな課題を自ら発見し、データに基づく数量的な思考による課題解決の能力を有する人材を育成する 取組である。課題発見と解決のための一つの重要なスキルである「統計的なものの見方と統計分析の能力」は文系理系を問わず必要とされることから、海外諸国 では組織的な統計教育が実施されている。国際競争力の観点からも、我が国の大学における体系的な統計教育の充実が喫緊の課題である。本取組では「統計教育 大学間連携ネットワーク」を組織して、課題解決型人材育成のための標準的なカリキュラムコンテンツと教授法を整備し、さらに統計関連学会及び業界団体等の 外部団体を加えた評価委員会による教育効果評価体制を構築することによって、統計教育の質保証制度を確立する。

  • 連携校:東京大学、大阪大学、滋賀大学,総合研究大学院大学、青山学院大学(代表校)、多摩大学、 立教大学、早稲田大学、同志社大学
  • 「統計教育達成度評価システム」の前段階である統計検定を利用して、統計学を受講する学生を対象とした学習達成度評価を実施するとともに、質保証委員会と協力して結果を分析します。
  • 事業の概要(JINSEサイトへ)
    取組概要(クリックでダウンロードできます)
  • 統計教育大学間連携ネットワークにより参照基準
    (クリックでダウンロードできます)